COURSE
コース

花と水と緑をテーマに青木功プロが監修した、ほとんど高低差ない丘陵コースです。 過去には、日本女子プロ選手権の開催実績あります。

コース内には、ココヤシやシュロなど南国ムード漂う木が数多く植えられ、リゾートコースのゴルフ場のような趣もお楽しみいただけます。
全面積の約1割を占める池が随所に配置され、戦略性が高いので、しっかり攻略ルートを決めて攻めていきましょう。

8番・11番の浮島のショートや、7番・10番のビーチバンカーは美しくスリリング。フェアウェイは全体的に広く、ドライバーを思い切り打っていけます。
大きなベントワングリーンは、アンジュレーションがきつく、2段グリーンになっている所もあり、ピンポジションによっては3パットの危険性大でパットがスコアメイクの鍵となります。

※コース番号をクリックすると、ホール詳細ページをご覧いただけます

YARDAGE
ヤーデージ
Out Course

【OUTコースの特徴】
池絡みのホールが多いコースだが、OUTで池が利いているのは、 1番、7番、8番ホール。
アベレージゴルファーはOUTの方がスコアをまとめやすい。 しかし、5番ホールまで敷地の外周となっており、左サイドがOBとなるため、 その点は注意が必要。
7番の左サイドに広がるビーチバンカーと池、8番の浮島のショートホールなど景観も良く、名物ホールのひとつとなっている。

OUT 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL
FULL 505 200 425 425 403 536 400 198 425 3,517
BACK 505 200 408 394 383 536 377 185 425 3,413
REG 492 175 408 394 383 513 377 185 394 3,321
FRONT 460 140 380 359 352 481 350 150 370 3,042
LADIES 426 140 350 330 315 405 302 125 337 2,730
PAR 5 3 4 4 4 5 4 3 4 36
HDCP 17 9 1 3 7 13 15 5 11
In Course

【INコースの特徴】
9ホール中7ホールは池が絡む、スリリングで気の抜けないホールが続く。
15番と16番もOBが利いており、INコースは難関ホールが続くのが特徴。 池は14番を除いて右サイドに配置されているため、スライサーには厳しい設定となっている。
絶景ポイントである11番の浮島のショートホールと高低差のある2段グリーン およびグリーン手前まで池が続く18番のミドルホールはINコースの名物ホールとなっている。

IN 10 11 12 13 14 15 16 17 18 TOTAL
FULL 562 190 405 395 420 374 206 531 445 3,528
BACK 532 163 405 362 420 343 197 531 434 3,387
REG 532 163 382 362 397 343 175 503 410 3,267
FRONT 492 145 352 335 397 314 150 481 385 3,051
LADIES 460 121 315 310 364 226 120 433 322 2,671
PAR 5 3 4 4 4 4 3 5 4 36
HDCP 10 16 4 8 2 14 12 18 6

ページトップへ↑